XI[sai] ダイスを転がす3Dアクションパズルゲーム!今遊びやすいハードは?

ゲーム
PlayStation公式HPより引用

こんにちは、unimaruです!

今回はPlayStationのアクションパズルゲーム、XI[sai]を紹介していきます。

ダイスを使った知能アクションゲームでシンプルだけど奥が深い、一度ハマったら中々抜け出せないゲームです。

ではいきましょう!

XI[sai]とは

開発元「シフト」、発売元「ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)」より1998年6月にPlayStation向けに発売されたアクションパズルゲームです。

画像はプレイステーション公式HPより引用

小悪魔のAQUIちゃんが玉乗り方式でダイスを転がすか、地面でサイコロを押すことにより目の数以上のダイスをつなげ(2なら2個以上、4なら4個以上など)、ダイスを消すことができます。ダイスが消えるときは沈むようにして消えていくのですが、沈んでいる最中にさらに同じ目をつなげると「チェイン」が発生。その繋げたダイスまで消えていきます。

いかにしてダイスを消していくかを考え、得点を競ったりパズルミッションをクリアしていくゲームです。

魅力

豊富なゲームモード

ひたすらに自分と闘い、得点を高めていくTRIALモード、友達と勝負するBATTLEモード、コンピュータを含め5人で競い合う大乱闘のWARSモード、パズルミッションを1人でコツコツとクリアしていくPUZZLEモードがあります。

基本的なルールは同じですが、遊ぶ時のシチュエーションに合わせて遊びかたを変えられるのは魅力的です。

私は小さい頃よく遊んでいたのですが、父親にBATTLEモードで毎晩ボコボコにされるので、学校から帰ったらいつもパズルモードで練習をしていました。(結局最後まで勝てませんでしたが・・・。)

画像はPlayStation公式HPより引用。豊富なゲームモード。

多種多様のパズルテクニック

出ている目のまま場所だけ移動することのできる「コ」の字テクニック

チェインを一気に発生させる積込

などなど、ダイスの特性を活かした様々なテクニックがあります。

上記テクニックはゲーム内で流れるムービーでも紹介されているので練習してみてください。

練習を重ねるうちに、まだ誰も見つけていないテクニックを発見することもできるかも・・・。

プレイ可能ハード

今遊ぶとするなら、プレイできるハードは下記の通りです。

プレイステーションソフト購入
プレイステーション3ゲームアーカイブス
PSPゲームアーカイブス
PS Vitaゲームアーカイブス
プレイステーションクラシックハードに収録

今から遊ぶのであれば、プレイステーションクラシックがオススメです。

コントローラが2つ入っているので、対戦も可能です。またXIの他にもいろんなゲームが内蔵されていますよ。

こちらの記事で詳しく紹介しているので、合わせて読んでみてください。

プレイステーションクラシックで遊んだ感想。アークザラッドのコンバートは可能?
今回の記事では、プレイステーションクラシックで遊んでみた感想や内蔵ゲーム、できることを紹介したいと思います。 買おうかどうか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

パズルゲームといえば落ちゲーというイメージがありますが、このゲームは3Dであることを活かした新しいパズルゲームではないかと思います。

誰でも知っているダイスを使っていてシンプルなルールなので、手軽に少し頭を使う・・・。けれども、様々なテクニックがある奥が深い・・・。

ゲームパッケージに書かれている通り、まさに「知能格闘ゲーム」といえます。

パズルゲームファンなら、ぜひプレイしてみてほしいゲームです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました